×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カーレースの歴史上最も悲惨な事故情報!

カーレースの歴史上最も悲惨な事故

カテゴリー :カーレース 歴史

カーレース歴史あるモータースポーツです。
様々なカーレースが各国で行われてきましたが、F1はその中でも安全だと歴史の中で言われてきました。

しかし、1994年サンマリノグランプリにて事故が多発。ドライバーが二人も死亡するという、F1の歴史上最も悲惨なグランプリとなってしまいました。

レーシングドライバー、アイルトン・セナは、マクラーレンからウィリアムズに移籍して翌年の1994年に、サンマリノグランプリに参戦。カーレース中、スタートを切ってすぐのコーナーを曲がりきれずにクラッシュ、帰らぬ人となってしまいました。
この時の悲劇を「イモラの悪夢」として、カーレースF1の歴史に今もなお刻まれています。

コラム > カーレースの歴史上最も悲惨な事故について書かれています。

カーレースドライバー・セナ

カテゴリー :カーレース ドライバー

カーレースといったらF1です。歴史に残るドライバーの中でも、私はアイルトン・セナのファンでした。

三回のワールドチャンピオンに輝き、161戦41勝とういう驚異的なスコアでタイトルを幾つも勝ち取っていたアイルトン・セナ。
ドライバーとして34歳の若さでサーキット中に亡くなってしまいましたが、今もなお根強いファンは世界中にいます。

カーレースドライバーとして約10年たらずでしたが、そのドライビングテクニックとスピードは、デビュー当時から注目を集めていました。
「強いマシンに乗せたら誰も彼には敵わない」と言われたほどカーレースドライバーとしての資質は群を抜いていたようです。
だからこそ、「イモラの悪夢」の惨劇は人々の心に強く焼き付いています。もっと、ドキドキのスリルあるセナの走りをカーレースで見ていたかったです。

コラム > カーレースドライバー・セナについて書かれています。

カーレース鈴鹿サーキット場

カテゴリー :カーレース サーキット

日本国内でカーレースを開催する有名なサーキット場といえば、富士スピードウェイと、鈴鹿サーキットです。

鈴鹿サーキットは、三重県鈴鹿市にあり、カーレースコースの他に遊園地やホテルを完備したレジャー施設となっています。
主に、F1グランプリや鈴鹿8時間耐久レースといったカーレースを行っています。

日本初の本格的カーレースサーキットとして、本田技研工業により1962年に造られました。現在は、ホンダグループでモータースポーツ関連施設を運営する会社、(株)モビリティランドによって運営されています。
コースは全長で5807mあり、これは国内サーキット場で最長となっています。多種類のコーナーを揃えているため、テクニカルコースとして世界から高く評価されています。

コラム > カーレース鈴鹿サーキット場について書かれています。